イベントに忍者を呼びたいけど

一体どこに隠れているの!?

とお困りではありませんか?

戦国時代、忍者は戦国大名の傭兵として各地へ赴いて活躍していました。

ワーサル福岡には、伊賀で本格的な修行を積んだ忍者を筆頭に、日々鍛錬を重ねているアクロバット殺陣を得意とする忍者がおり、ここ九州の地でもイベントを盛り上げるべく、ショーの出演を中心に、皆さんをお手伝いする忍者達を傭兵のように送り込んでおります。

また、東京の本社株式会社ワーサルでは、伝説のアクション俳優「TAK∴ 坂口拓」の最新プロジェクトである【靁凮刄】(らいふうじん)

伊賀忍者特殊部隊【阿修羅】東京支部の運営を行っており、日本全国各地や海外での公演を成功させております。

イベントの内容に応じて、様々な人数や形での忍者派遣をご提案いたしておりますので、まずはお気軽にお尋ね下さい。

出演依頼などのお問い合わせは

TEL:092-982-0214 (受付時間 10:00~18:00)

MAIL:fukuoka@worsal.com

又は

こちらの連絡フォームよりお願い致します。

RE:BORN公開

ワーサルの忍者プロジェクト「靁凮刄(らいふうじん)」を指揮する坂口拓さんの最新主演作(TAK∴名義)【RE:BORN】(下村勇二監督)が本日より公開です。

「RE:BORN」公式サイト

坂口拓さんは、昨夜の金曜ロードショーで放送された『HiGH&LOW THE RED RAIN』でアクション監督を務め(匠馬敏郎名義)、劇中でもTAKAHIROさん 登坂さんが零距離戦闘術 ゼロレンジコンバットを披露しています。

RE:BORNは、ウエイブとゼロレンジコンバットが全開の映画です!!

手裏剣ダーツ

ダーツをやっている時に「忍者は手裏剣を投げるくらいだから、ダーツもやっぱり上手いのかなー?」って思ったことはありませんか?

また「手裏剣の形のダーツがあったら面白いのに!」なんて考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな我々の疑問・期待に応えてくれる【忍者ダーツ】なるアイテムを販売しているお店があるみたいです!!

リンク先 「GUNSHOPチトセ浜松」 さん

ダーツプレイヤーでなくとも、忍者好きなら是非とも手に入れたいグッズですね♪

「忍びの国」衣装展示

JR博多シティにある映画館「T・ジョイ博多」さんにて、7月21日(金)~7月30日(日)の期間中、映画【忍びの国】の衣装展が開催されるそうです!

嵐の大野智さんが演じる伊賀の忍び「無門」と石原さとみさんが演じる無門の妻「お国」の衣裳が展示されるようですよ!

まだ映画をご覧になっていない方も、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか!?

‘T・ジョイ博多’HP

忍びのかんかん

只今、絶賛上映中の映画『忍びの国』(主演:嵐の大野智さん 原作:和田竜さん)と、辛子明太子でお馴染みの「ふくや」さんのコラボ商品

【めんツナかんかん・プレミアム 映画コラボパッケージ「忍びのかんかん」】

 

僕も先日お土産で購入してみました!

限定のステッカーも付いてきましたよ!

(引用元)

ふくや:映画『忍びの国』公開記念キャンペーン

企画展「The NINJA-忍者ってナンジャ!?-」開幕

東京の日本科学未来館、忍者の里である三重でも好評だった【忍者ってナンジャ!?】展が、いよいよ本日7月15日から8月27日まで、みやざきアートセンターにて開催されます♪

夏のレジャーとして忍者を体験してみてはいかがでしょうか?

「忍者」×「科学」×「修行」で忍者の謎を解き明かしましょう!

リンク先 ‘「忍者ってナンジャ!?」展特設サイト’

うれしの温泉 忍者道中

前回も大好評だった佐賀県嬉野温泉の忍者イベント、「第二回うれしの温泉 忍者道中2017」が7月15日~10月31日まで開催されるそうです!!

7月15日から10月31日までの期間、忍者になって嬉野温泉を巡るこの企画、皆さんも忍者に扮装して、嬉野の街や肥前夢街道をぜひ楽しんでください♪

詳細はこちら↓

‘‘元祖忍者村 嬉野温泉 肥前夢街道 公式HP’’

****************

 

 

福岡・九州でイベントに忍者を呼びたい!

本格的アクロバット忍者ショーを観てみたい!

 

というご依頼は

忍者派遣 ワーサル福岡

 

までお問い合わせを!

忍びの国 本日上映開始

いよいよ本日7月1日より、映画【忍びの国】(主演:大野智 原作 脚本:和田竜)が上映開始ですね!!

‘「忍びの国 公式サイト」’

原作になった小説を読ませていただきましたが、無門がスクリーンの中でどのように描かれているのか非常に楽しみ!

‘「忍びの国 公式グッズ一覧」’

公式グッズもカッコイイものばかりですね♪

早く劇場に足を運ばないと!!

 

ロイター記事 翻訳

先日シェア&投稿させて頂いた、ワーサルの忍者達がロイター通信さんに取材を受けた記事↓ですが、

【忍者×ロイター通信】

リンク先の動画が英語だったので、分かりやすいように文字に書き起こし&簡単な翻訳をしてみました。

ひとまず途中までですが、ご参考にしていただければと思います。

続きはまた近日中にUPします!

以下、動画の内容から引用です

‘‘NINJAS have long been a topic of imagination and mystery in Japan.

(忍者は長い間日本で想像上の謎に包まれたものとして話題となっていました)

They were originally trained as undercover agents in the Samurai Era.

(忍者は戦国時代に諜報活動を行う秘密情報員として元々訓練されていました)

Although they don’t exist as spies anymore, their legacy live side.

(スパイとしての存在はなくなりましたが、彼らの遺したものは受け継がれています)

Character sticks such as still and their powers of endurance have been made famous world wide through movies and pop culture.

(映画や一般的な文化などを通じて、じっと動かずに耐え忍ぶ特性などが広く世界で知られています)

To become a NINJA performer, it takes at least a year before even being allowed on stage.Trainees go through six month of gymnastics & martial training, then they become backstage assistance at shows like this.’’

(忍者パフォーマーになるには、研修生は器械体操や格闘技の訓練を6か月受け、このようなショーの舞台裏の補佐役になり、ステージに立つのを許されるまで最低1年間掛かります)